作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。


[前]〈記事一覧〉[次]

76)財布を紛失した話

先日、警察署に財布を受け取りに行った。この歳になって財布を落としてしまったのだ。この歳になって、といったが実際は逆である。これから紛失することが増えていくのだろう。むかしは携帯電話を首からぶら下げている人を見て、あれはダサいなー、なんて思ってたりしたが、もうそんなことを言っていられないのかもしれない。何かしらの対策を講じる必要がありそうだ(皮紐で括り付ける?)。

ぼくはあまり現金を持ち歩かない。だから小銭入れにクレジットカードを入れて使っている。つまり、無くしたのは実質的にクレジットカードのみということになる。これはこれで復旧が電話一本で済むのでとても楽である。ただ勘違いして欲しくないのだが、ぼくは現金社会がなくなればよい、などとは考えていない。単に楽だからという理由でクレジットや電子決済を利用しているだけである。もしもっと楽な決済が普及すれば、いつでもそちらに移行するつもりである。

さて、財布は戻ってきたのはよいが、一つ問題がある。元々ボロであった財布が、落としたことで益々ボロになってしまったのだ。という訳で新しい財布が必要だが、この歳で今更ブランド物の財布を買うのは違う気がするし、かといってスーパーに売ってる安物も愛着がわかないだろう。レザークラフトで一から作ることも考えたが、そんな技術が身につくには一体どれだけ掛かるだろうか、とも思う。いずれにせよ、財布を拾って頂いた親切な方には感謝の念を捧げたい。

2019/07/03


[前]〈記事一覧〉[次]