作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。

筆者の.tmux.conf

筆者が使っている.tmux.confを紹介する。前提として、SSHは殆ど使っていない。単に複数ウィンドウを切り替えれて便利、という理由だけでtmuxを使っている。なお、ペインは一切使っていない。

環境:Gnome-Terminal、iTerm2

設定は10個のみ

自分にとって必要最低限と思うものだけ設定した。わずか10個である。他の環境を触った時にストレスを感じるようではよくないし、1から構築するのも難しくない。

##############
#   Global   #
##############
# Set the default terminal mode to 256color mode
set -g default-terminal "screen-256color"

# Set keybind vi when scroll window
set-window-option -g mode-keys vi

# Set ESC time when Vi
set -g escape-time 0


##############
#   Prefix   #
##############
# Unset Prefix
unbind-key C-b

# Set new Prefix
set -g prefix C-]
bind-key C-] send-prefix

# Make the stand out when pushed Prefix 
set -g status-left '#[fg=colour152]#{?client_prefix,#[reverse],} [#S] #[default]'



##############
#   Status   #
##############
# Set the status line's colors
set -g status-style fg=white,bg=colour24

# Set colors for the active window
set -g window-status-current-style fg=white,bold,bg=colour9

# Set reassign disply number
set -g renumber-windows on

# Display date where status line right side
set -g status-right "#[fg=colour152]%d %b %R"

次のように表示される。一つずつみていこう。

tmux_conf.png
tmuxの外観(iTerm2)

詳細解説

設定を一つずつ見ていこう。

# Set the default terminal mode to 256color mode
set -g default-terminal "screen-256color"

tmuxを256色モードで起動する。未設定だとターミナルやVimのカラースキームが正しく表示されない場合がある。

# Set keybind vi when scroll window
set-window-option -g mode-keys vi

Prefix + [Prefix + ?時にArrowキー(矢印キー)やPageup・Pagedownキーに加えて、<Ctrl> + (f|n|d|u|e|y)hjklといったVi風の操作が可能になる。

# Set ESC time when Vi
set -g escape-time 0

ESCキーを押下しても反応までに0.5秒程度の間があるので、それを0秒にする。Vimをよく使うなら必須の設定。

# Unset Prefix
unbind-key C-b

Prefixの初期値は、<Ctrl> + bであるが、これが困る場合は変更する。筆者はターミナルでカーソルを手前に戻す時に<Ctrl> + bを多用するので都合が悪かった。初期値で困らないなら初期値のままでよい。

# Set new Prefix
set -g prefix C-]
bind-key C-] send-prefix

ここでは、]をPrefixに設定した。他によく見かけるものに、zqがある。別に無理して変更する必要はない。

# Make the stand out when pushed Prefix 
set -g status-left '#[fg=colour152,bg=colour24]#{?client_prefix,#[reverse],} [#S] #[default]'

Prefixの状態を視覚的に分かるようにする。前掲の画像の左下、セッション番号が白く点灯している時はPrefixが効いている。個人的にかなり便利。

# Set the status line's colors
set -g status-style fg=white,bg=colour24

下部のステータスバーの色を変更。初期値は緑だが、文字が見づらいので青系にした。

# Set colors for the active window
set -g window-status-current-style fg=white,bold,bg=colour9

ステータスバーのアクティブなウィンドウを赤く変色させる。

# Set reassign disply number
set -g renumber-windows on

ウィンドウ・リストの左の添字を0からの連番にする。未設定だと、たとえば1:nvimを閉じると、0:ssh- 2:bashと並んでしまう。

# Display date where status line right side
set -g status-right "#[fg=colour152]%d-%b %R"

ステータスバーの右端に日時と時刻を表示する。dateコマンドのような時刻変数が使える。たとえば、ISO 8601のように2022-01-14と表示するなら、%Y-%m-%dと記述する。

更新情報

  • 公開日:2021-01-14