作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。

nmtuiの表示崩れ対策

nmtuiのようなターミナル上でGUIを提供するコマンドは、表示が崩れてしまう場合がある。下掲するスクリーンショットは、崩れて表示されたものだ。操作は可能だがかなり厳しい。正しく表示するための対策方法を示す。環境:Linux Mint19、GNOME-Terminal

nmtuiの表示が崩れる原因

表示崩れの原因は、UTF-8の東アジアフォント(CJK)の曖昧幅の記号等を全角幅に固定した場合に発生すると思われる。その対策は、次で示す環境変数の設定で行う。

theme_hipdi
表示が崩れたmmtui

環境変数を設定する

環境変数WCWIDTH_CJK_LEGACY=yesを設定する。設定後にnmtuiを再び起動すると正しく表示されるはずだ。恒久的に設定したい場合は、.bashrcに同じコマンドを記述する。

$ export WCWIDTH_CJK_LEGACY=yes nmtui
$ nmtui
theme_hipdi
正しく表示されたmmtui

WCWIDTH_CJK_LEGACYとは

環境変数WCWIDTH_CJK_LEGACYは、文字コードをUTF-8からASCIIにフォールバックさせる。なおCJKは、China、Japan、Koreaの頭文字である。

更新情報

  • 公開日:2019-11-26