作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。

Google Driveを使う

LinuxでGoogle Driveを使う方法。Google Driveとの接続には、google-drive-ocamlfuseを利用する。毎回やり方を忘れるので、そのメモ。

もし、どのクラウドストレージを使ってもよいのであれば、Dropboxを強く薦める。公式でGNU/Linuxクライアントが用意されているからだ。筆者は、無理してGoogle Driveを使っているだけである。

google-drive-ocamlfuseとは

google-drive-ocamlfuse(以下、GDO)は、LinuxにGoogle Driveをマウントするアプリケーションである。OCaml(オーキャムル)という言語で書かれており、FUSEという仮想ファイルシステムを使ってマウントする。GDOを利用するには、OCamlといった環境を用意する必要がある。詳細は、GitHubの「google-drive-ocamlfuse」を見てほしい。

GDOの欠点として、アクセスが異常に遅いこと。そして、あくまでもマウントするだけなので、ファイルの同期ができないことがあげられる。同期したい場合は、rsyncコマンド等で同期するスクリプトを書けばよいが、兎に角にも遅い。

[目次へ]

インストールする

GDOのインストールは、ディストリビューションごとに少しずつ異なっている。公式リポジトリにインストールに関する情報が記述されているので、ここを参照するのが最もよいだろう。

https://github.com/astrada/google-drive-ocamlfuse/wiki/Installation

上記のArch Linuxの項では、AURヘルパーのyaourtを使うと書いてある。しかし、yaourtはすでに開発が終了しているので、代替のyayを使う。

$ yay -S google-drive-ocamlfuse

[目次へ]

認証を受ける

インストールが完了すれば、後はどのディストリビューションでも同じである(おそらく)。インストール後は、大きく二つの作業を行う。一つは、Googleの認証を受けること。もう一つは、Google Driveをマウントすることである。

まず、Googleで認証を行う。端末で引数をつけずにGDOのコマンドを実行するだけである。この認証を完了するには、GUI環境が必須である。一度認証してしまえば、以降は端末のみでも問題ない。

$ google-drive-ocamlfuse

すると、ブラウザが立ち上がり、以下のような画面が表示される。認証したいアカウントを選択する。

プラマイリーのブラウザを変更している状態で、上記のコマンドを実行してもブラウザが立ち上がらないことがあった。その時は、~/.gdfuse/default/gdfuse.logを確認する。すると、どのブラウザを開こうとしているかが記述されていると思うので、そのブラウザを開いてもう一度実行する(~/.gdfuseを一度削除してみてもよいかもしれない)。

use_googledrive_1

クリックすると、「gdfuse wants access your Google Account」と対象となるアカウント名が書かれたページが開く。問題がなければ、「Allow」をクリックする。

use_googledrive_2

ブラウザに次の画面と、端末に以下の文字が表示されたら成功である。問題が発生した場合は、前述した~/.gdfuse/default/gdfuse.logを確認すれば、解決の糸口が見つかるかもしれない。

use_googledrive_3
Access token retrieved correctly.

[目次へ]

マウントとアンマウント

マウントは、GODで行う。その後、lsでファイルが存在するか確認する(表示がもっさりしていれば成功である)。なお、マウントするためには、ディレクトリが必要である。好きな場所に好きな名前のディクトリを作成すればよい。

$ mkdir ~/GoogleDrive
$ google-drive-ocamlfuse ~/GoogleDrive

アンマウントは、fusermountを使う。

$ fusermount -u ~/GoogleDrive

マウント、アンマウント操作は、通常用いるコマンドと違うので、エイリアスを設定したり、スクリプトを書いて実行すればよい。

[目次へ]

[ノート一覧へ]

更新情報

  • 公開日:2020-04-13