作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。

パーティションをマウントする

パーティションをマウントする方法のメモ。追加でストレージを追加したり、OSと別にデータ用のパーティションを用意した場合などに必要となる。環境:LMDE 4

筆者は、Linuxをデュアルブートしており、そのデータを共有させたい。そこで、データ用のパーティションを作成し、それぞれのディストリビューターからマウントして使っている。

マウントするパーティションを調べる

自分のマシンにどのようなパーティションがあるのかは、lsblkコマンドで確認できる。これは、ブロックデバイスの一覧を表示するコマンドである。

パーティションを操作するためのデバイスファイルは、/devディレクトリ配下に自動的に作成される。たとえば、sda1ならば、/dev/sda1のように、パーティション名の前に/devをつける。

$ lsblk
NAME   MAJ:MIN   RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda        8:0    0 238.5G  0 disk 
├─sda1   8:1    0   512M  0 part /boot/efi
├─sda2   8:2    0    24G  0 part 
├─sda3   8:3    0    24G  0 part /
└─sda4   8:4    0   190G  0 part

第1フィールド「NAME」を見ると、sdaから始まるパーティションが4つあることがわかる。第7フィールド「MOUNTPOINT」をみると、/dev/sda1/boot/efiに、sda3/に、それぞれマウントされていることが分かる。

そして、今回マウントするデータ用のパーティションは、sda4である。これはgdisk等のパーティション作成時に把握しているはずだ。

なお、デバイス名はマシンによって異なっている。今回の例ではsdaであるが、次の例で示すように、別のマシンでは全く違う名前になる場合もある。

$ lsblk
NAME           MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
mmcblk  0      179:0    0 58.2G  0 disk 
├─mmcblk0p1  179:1    0  512M  0 part /boot/efi
└─mmcblk0p2  179:2    0 57.8G  0 part /
mmcblk0boot0   179:256  0    4M  1 disk 
mmcblk0boot1   179:512  0    4M  1 disk

[目次へ]

パーティションをマウントする

パーティションをマウントするには、まず、マウントするためのディレクトリを作成しなければならない。場所はどこでもよいが、特にこだわりがないのであれば、/mntの配下がよいだろう。今回、ディレクトリ名をdataとしたが、命名も好みでよい。

$ mkdir /mnt/data

これでマウントする準備が完了したので、マウントする。ここまでで難しい所はないはずだ。

$ sudo mount /dev/sda4 /mnt/data

lsblkで確認すると、sda4/mnt/dataにマウントされていることが分かる。

$ lsblk
NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0 238.5G  0 disk 
├─sda1   8:1    0   512M  0 part /boot/efi
├─sda2   8:2    0    24G  0 part 
├─sda3   8:3    0    24G  0 part /
└─sda4   8:4    0   190G  0 part /mnt/data

使いやすいよう、$HOMEにシンボリックリンクを作成してもよいだろう。

$ ln -s /mnt/data ~/data
$ ls ~/data 
Desktop   Downloads       Music     Tempalates     
Document  googleDrive_bk  Pictures  Videos

筆者は、dataパーティションに、DownloadsDocumentsといったXDGユーザーディレクトリと同名のディレクトリを作成している。そして、これらのシンボリックリンクを$HOMEに設置している。これなら設定を共有しなくても、複数のOSでXDGユーザーディレトクリを共有できる。

なお、$HOMEの機能をもたせたパーティションを作ることも可能である。しかし、設定を不本意に共有する可能性があるで、上級者以外は避けた方が懸命だろう。

[目次へ]

起動時に自動でマウントさせる

OSの起動時に自動でマウントさせたい。Linuxでマウントの情報は、/etc/fstabに記述する。fstabについては詳しくないので、詳細は、Arch LinuxのWikiに「fstab」が立項されているのでの調べて欲しい(このWikiはすごすぎる)。

さて、fstabには、次のように記述する。コメントアウトされた、# /dev/sda4 /mnt/data以降がそうである。

$ sudo vi /etc/fstab
# UNCONFIGURED FSTAB FOR BASE SYSTEM
proc /proc proc defaults 0 0
# /dev/sda1
UUID=28AC-1951 /boot/efi vfat defaults 0 0
# /dev/sda3
UUID=5753ca61-60d8-47be-ac8b-5f8b7fe555b0 / ext4 rw,errors=remount-ro 0 1
# /dev/sda4 /mnt/data
UUID=53123f03-14d7-4f8b-b37b-e67c107c94ca /mnt/data ext4 rw,relatime,data=ordered 0 2

fstabは、パーティションのUUID、マウント先のパス、ファイルシステムの形式、オプション、ダンプ、パスの順で記述する。区切り文字は、スペースかタブで行う。

パーティションのUUIDと、ファイルシステムは、lsblk--fs-f)オプションをつけることで確認できる。今回の場合(sda4)なら、UUIDが53123f03-14d7-4f8b-b37b-e67c107c94ca、ファイルシステムがext4である。そして、マウント先は、/mnt/dataだ。

$ lsblk --fs
NAME FSTYPE LABEL UUID                                 FSAVAIL FSUSE% MOUNTPOINT
sda                                                                     
├─sda1
     vfat         28AC-1951                               451M    12% /boot/efi
├─sda2
     ext4   arch  9c6a9d88-116b-429c-af70-efa2acb2c558                
├─sda3
     ext4   mint  5753ca61-60d8-47be-ac8b-5f8b7fe555b0   15.3G    30% /
└─sda4
     ext4   data  53123f03-14d7-4f8b-b37b-e67c107c94ca  174.1G     1% /mnt/data

残りの、オプション、ダンプ、パスをみよう。

# /dev/sda4 /mnt/data
UUID=53123f03-14d7-4f8b-b37b-e67c107c94ca /mnt/data ext4 rw,relatime,data=ordered 0 2

オプションには、三つの設定がされている。rw,relatime,data=orderedである。まず、「rw」は、Read Writeの略で読み書き可能な状態でマウントする。つぎにrelatimeは、パフォーマンスを向上させるために、変更日時に合わせてinodeアクセス日時を更新するものだ。そして、data=orderedは、metaデータとデータの中身の書き出し順を保証するものだ(ext4の機能?)。なお、defaultに設定している人もみかける。

ダンプには、0か1を記述する。dumpユーティリティによって、バックアップを作成する場合は1に、しない場合は0にする。dumpユーティリティを利用していなかったり、分からない場合は0に設定すればよい。

パスには、2を設定する。これは、ファイルシステムをチェックする優先度を決めるもので、1、2、0の3種類がある。1をrootファイルシステムに、2をその他のファイルシステムに設定する。0番はファイルシステムをチェックをしない。たとえば、/dev/sda1は、ブートローダーでファイルシステムをチェックする必要がないので、0に設定されている。

[目次へ]

パーティションにラベルをつける

パーティションの役割を明示的にするために、ラベルをつけることができる。パーティションをフォーマットする時に一緒につけてしまうのが楽である。

$ mkfs.ext4 /dev/sda3 -L mint

しかし、フォーマット時にラベルをつけても、OSのインストール時に再フォーマットされてしまい、ラベルが消えてしまうことがある。もう一度フォーマットする訳にはいかないので、e2labelコマンドを使ってラベルをつける。

$ e2label /dev/sda3 mint

[目次へ]

[ノート一覧へ]

  • 公開日:2020年4月8日