作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。

US配列でかな入力したい

US配列のキーボードでかな入力をする方法のメモ。US配列でかな入力をするには、fcitx-mozcが必須であると思われる。前提として、キーボードがUS配列であること、キーボードのレイアウト設定がそれに対応(たとえば、English(US))している必要がある。環境:LMDE 4、GNOME Terminal

fcitx-mozcをインストール

日本語を入力するには、日本語に対応したインプットメソッドエンジン(IM)が必要である。日本語IMには、京大マイコンクラブが開発したAnthy(アンシー)やGoogle日本語入力のオープンソース版のMozc(モズク)などがある。また、IMを動かすものとして、インプットメソッドフレームワーク(IMF)があり、Fcitx(ファイティクス)やiBus(アイバス)などが有名ある。

US配列でかな入力をするには、IMにfcitx-mozcを選択しなければならない。他のIMやIMFだと変な位置にかな文字が配置されてしまい、出力できない文字もある(xmodmapを利用してキーバインドを変更してしまえば可能かもしれないが、ハードルは高いだろう)。CentOS系はiBus-kkcが標準で採用されており、Fcitxはインストールされていない。したがって、fcitx-mozcを自力でインストールする必要がある(fedoraならいけるかも)。

Linux Mint(LMDE)の公式リポジトリで、日本語IMのfcitx-mozcが配布されているので、インストールする。インストール後に、一度ログアウトする必要がある。

$ sudo apt install fcitx-mozc

[目次へ]

fcitxの設定

一度ログアウトして再ログインすると、fcitx-mozcが使える状態になる。Menuの検索窓に「fcitx」と入力すると 、「Fcitx」と「Fcitx Configuration」が出てくるので、後者の「Fcitx Configuration」を開く。すると、次のような画面が表示される。

input_japanese_1.png

Input Methodにインストール時に設定したキーボードが表示されている。ここに「Mozc」を追加したいので、左下の「+」を押す。

「+」を押すと、Add input methodにキーボードの一覧が表示される。しかし、「Mozc」は一覧におそらくないと思う。そこで、左下にある「Only Show Curret Language」のチェックを外す。そうした上で、下部の検索窓に「mozc」と入力すると上部に「Mozc」が表示されるので、それを選択して「OK」を押す。

input_japanese_2.png

注意点として、上から下にEnglish(US)、Mozcの順で配置しなければならない。トップにあるキーボードのレイアウトを下に続くキーボードが継承してしまうからだ。もし、Mozcをトップにしてしまうと、キーボードはUS配列なのに、その中身がJIS配列になってしまう。

この2つのキーボード(English(US)とMozc)を切り替えて、英語入力と日本語入力を使い分ける。初期設定では、「Ctrl+Space」でIMの切り替えになっている。この変更方法は変換候補ウィンドウのサイズで後述する。

次は、Mozcの設定である。これは、Google日本語入力の設定とほぼ同じである。

[目次へ]

Mozcの設定

Menuの検索窓に「Mozc」と入力すると「Mozc」の一つだけが表示される。それをクリックすると、Mozc Settingが開く。ここですべきことは一つで、Input modeを「Kana」にするだけである。後は好みで設定する。なお、無理して他のページや、Keymap styleを変更する必要はない。

input_japanese_3.png

[目次へ]

変換候補ウィンドウのサイズ変更

モニターがHiDPIだと、変換候補ウィンドウが非常に小さく表示されてしまう。これは、前述したFcitx Configurationからサイズを設定することができる。

ApperanceのFont Sizeに、適当な数字を入力して実際に試してみて、しっくりくるものを選ぶ。筆者の環境では、10〜20あたりが適正な範囲であった。

input_japanese_5.png

また、Global ConfigのTrigger input Methodで、IMの切り替えキーの変更ができる。ESCキーで「Empty」になる。

[目次へ]

「ろ」の位置

US配列の「かな入力」は、JISの「かな入力」と配置が異なっている。主として、右手小指の範囲に集中しているので、すぐに慣れるだろう。特に異なるものとして、「ろ」があげられる。

US配列かな入力では、「ろ」が「~`」キーで入力される。つまり、最も右下に配置されていたキーが、最も左上のキーに移動したことになる。なんだか、気持ちわるいが、結果的に、右手小指の守備範囲が狭まり、入力が楽になったと感じている。

また、LinuxとWindowsでも配置が異なってくる。たとえば 、「」の位置がそうだ。Windowsは、US配列の[]キーと「」の配置が一致している。しかし、LinuxやmacOSでは、なぜか一つ右にずれている。つまり、]を押すと「が入力される(これはこれで、括弧が右端に配置されるので楽といえば楽である)。ちなみに、HHKB(Happy Hacking Keyboard)のUS配列の場合は、「~`」の位置が「ESC」になっており、「~`」は、最も右上に配置される。つまり、「ろ」も左上から右上に移動する。

[目次へ]

[ノート一覧へ]

更新情報

  • 公開日:2020-04-04