作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。

レッスンについて

レッスン生を若干名の募集しています。

金沢音楽制作では、音楽制作(作曲)に関わる様々なレッスンを行っています。貴方に合わせたレッスンで優しくお教えします。現在、金沢市民芸術村や、音楽スタジオを利用した出張レッスンを中心に行っています。また、Skypeや郵便を使った添削レッスンも可能です。例えば、和声法や対位法であれば添削レッスンでもある程度は可能だと思います。クラシックからポピュラー、DAWや機器の操作まで広く対応いたしますが、テクノやEDM、DJといった、DAWの高度で専門的な技術をお求めの場合は、楽器屋や専門で行っている先生のレッスンをおすすめします。

レッスンの方針

レッスンの方針ですが、学習者と一緒になって進捗具合を把握し、学習者に合わせたレッスンを行います。一緒になって「なぜそうなるのか」という原理を大切にして学習を進めます。その際、理解の助けになるようにまとめた概要や、課題を自作しお渡ししますの。ただ技術を繰り返し練習するだけのレッスンに比べると充実度は高いと思います。現在、金沢市中心地の香林坊周辺に場所を用意していますので、そちらをご希望の方はもうしばらくお待ちください。金沢市の中心地から遠方の場合には出張料がかかりますのでご了承ください。

料金について

月3回の40分前後のレッスンで【9,800円】となります。初回のみ入会金として別途3,000円が必要となります。初回レッスンでは、今後どのような学習を進めるかを一緒に考えますので、10〜20分 + 40分のレッスンとなります。

作曲のレッスンはレッスン料が高く、短い時間のことが多いですが、気軽に作曲を始めて貰いたいのでこの料金としました。忙しくて、月3回は厳しいという方は、月1-2回や、2回は面接レッスンして、残り1回は課題の課題と添削の通信レッスン、親子や友人で学びたいなど、柔軟に対応しますので、お問い合わせください。急にレッスンに行けなくなった時も、ご連絡があれば振替レッスンを行います(スタジオをご利用の場合は別途料金が必要となります)。

和声法・対位法

和声法では、古典和声を中心として学習していきます。テキストは指定がなければ、島岡譲「和声-理論と実習」を中心としながら、自作を含むいつくかのテキストを併用します。また、実曲との乖離を防ぐために、和音分析の課題を挟みながら学習を進めます。和声法については「和声法とその活用」をご覧ください。

対位法では、二声対位法をしっかりと学習し、カノンなど模倣技法を使った小曲を書きながら学習します。和声法がある程度終わってから、学習を始めるのが一般的ですが、ある程度の楽典知識があれば、いきなり対位法を学習することを可能です。歴史的には、対位法が発展し、和声法になっています。これらの学習の応用として、実際に作曲も行います。対位法については「対位法とその活用」をご覧ください。

ポピュラーハーモニー

ポピュラーハーモニーとは、ポピュラー音楽で使われる作曲法全般を指す広い言葉です。レッスンでは、大きく理論編とアレンジ編に分けて学習します。理論編ではコードの種類やコード進行、転調を学び、カウンターラインやコードスケールを学習します。アレンジ編では基本的な楽器編成によるリズムアレンジから始め、ホーン・ストリングスセクションに進み、各種ボイシングを学習します。

総合作曲法

総合作曲法では、実際に曲を書いて貰います。そのためには、短いメロディー(モティーフ)を大量に書く訓練などをします。そこから形式や、和声などを実用的に学習します。最初は簡単な形式から、徐々に複雑な形式にして行きます。実際は、クラシックなら和声法・対位法、ポピュラーならポピュラーハーモニーと表裏一体です。

ソルフェージュ(初級)

ソルフェージュが全くできない、苦手という人が対象のレッスンです。

ソルフェージュは、楽譜見て音を歌う「視唱」、音を聞いて楽譜に記す「聴音」などのレッスンが有名です。金沢音楽制作のレッスンでも単に「音」を取るのではなく、そこにある様々な情報を考える様なレッスンを行います。ソルフェージュ能力は音楽のプロでもかなりの差があることも事実です。かく言う私もソルフェージュのレッスンを始めたのは非常に遅く、かなりの苦労をしました。ソルフェージュが苦手でどうしようもないと言う方ほどお力になれると思います。

フォルマシオン・ミュジカル

近年、フォルマシオン・ミュジカルと呼ばれる新しいレッスンが注目されています。ソルフェージュを中心に楽典、音楽史を絡めた総合的な読譜力、理解力をつけるレッスンで、実際の楽曲を対象としているのが特徴です。総合的な音楽力のアップが期待されており、クラシック音楽を学びたい人にはおすすめできる内容となっています。

楽譜の書き方

楽譜には大きく二つの作成方法があります。一つはFinaleやSibeliusに代表されるようなコンピュータのソフトウェアを使ったもので、全ての楽器が書かれて総譜や、出版譜に多いです。そしてもう一つは、写譜ペンを用いて手書きするもので、特定の楽器を書き出したパート譜に多いです。レッスンでは、基本的に写譜ペンを用いた手書きで進めます。楽譜は綺麗に書けば良いと言うものではなく、演奏者が読みやすいレイアウトに仕上げることが最重要となります。そのため、楽譜は手書きでレイアウト力をつけなければ、コンピュータを使っても読みやすい楽譜にはならないことが多いです。もちろんコンピュータを使ったレッスンも可能です。パソコンでは、Finaleを用います。その後は状況に合わせてillustratorに代表される画像編集ソフトを使う場合もあります。写譜ペンについてですが、こちらの方である程度所有していますので、こちらで試し書きをされてから自分のペンを購入すると良いと思います。

Digital Audio Workstation(DTM)

【注意事項】現在は場所の都合でDAWのレッスンが難しい状況です。もし、ノートPCでDAWをやっているのであればレッスンが可能かと思います。改善しましたらここにてご報告いたします。

近年の音楽制作はコンピュータ上で行うDAW、またはDTMと呼ばれる制作にシフトしています。その結果、音楽制作に入る敷居が低くなり、様々な人が音楽制作を楽しめるようになりました。しかし、その一方で、一言でDAWと言っても音響を含めたミキサーの使い方や、コンピュータ上で扱うファイル形式、そもそものセッティングなど、非常に多岐に渡った知識が必要となってしまい、最初は音も出すのも一苦労します。DAWのレッスンでは、どのような機材が必要なのかから、ミキサーの使い方、CDや動画など目的にあったファイル形式の知識まで、幅広く学習します。

レッスンでは、作曲を通してDAWの操作も覚えていくスタイルになります。従って、高度なDAW操作のみや、作曲よりもDAWが主体の場合は、各種楽器店が行っているレッスンを受講した方が良いかと思います。

よくある質問

作曲の先生って?

ピアノやギターの先生と同じです。過度な期待はしないで下さい。

先生はどんな人ですか?

プロフィールの補足になります。ホームページ上の文章は堅い感じですが、かなり気さくな方だと思います(悪く言えば適当)。大学では教育学部にいたので教育熱心な方だと思います。また、新しい事やサブカルチャーには理解のある方です。

レッスンの曜日はいつですか?

現在は、レッスン生が少ないのと、固有の場所を用意していないため、特に曜日は特に設定していません。相談しながら決めています。固有の場所を用意したら、曜日をある程度固定することになると思います。

テキストは何を使いますか?

基本的には市販のテキストを用いますが、適宜オリジナルのテキストを用います。また、学ぶ内容によってはテキストが不足している場合があります。その場合はテキストを制作いたします。テキストのサンプル(pdf)です。

得意なジャンルはなんですか?

ページからもわかる通り、クラシック音楽です。また、子供の頃はビデオ・ゲームが好きだったので、ゲームや演劇などの劇伴は得意な方だと思います。

金沢音楽制作は法人ですか?

法人ではありません。「金沢音楽制作」は個人事業主の屋号です。

Copyright (C) 2016 金沢音楽制作