作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。

対位法とその活用

対位法は和声法と対で語られることが多い技法です。ここでは対位法とは何か、和声法とはどう違うのか。そして、その使い方である活用を探っていきます。対位法は、クラシック音楽を中心に語られることが多いですが、ポピュラー音楽での活用についても考察します。

対位法とは

「対位法」はクラシック音楽でよく耳にする言葉です。「対位法」をニューグローヴ世界音楽大事典で引いてみると「14世紀に初めて使われた用語で、同時に響く幾つかの旋律線を、ある規則体系にしたがって組み合わせる方法という」と記されています。確かに、バッハの楽曲の解説において、和声法は垂直的(縦)な技法として、そして、対位法は水平(横)的な技法として、つまり和声と比較して説明されているものを見かけます。したがって、この説明は納得のいくものだと思います。しかし、次の二つの譜例を見てください。片方は対位法、もう一方は和声法で書かれたものです。譜例を見ると、和声法も対位法と同じく複数の横に流れる旋律線で構成されているのが分かると思います。だとすれば、対位法と和声の差はどこにあるのでしょうか。

【譜例1】
譜例1 対位法
【譜例2】
譜例2 和声法

[目次へ]

対位法の学習

対位法の学習方法は概ねして一貫しています。それは、J.J.Fux (1660-1741) の『Gradus ad Parnassum』(1725)を基本としている点です。現在発売されている対位法のテキストの大半がこのスタイルを踏襲しています。

『Gradus ad Parnassum』の学習は、定旋律(cantus firmus)と呼ばれるグレゴリオ聖歌の旋律を利用して五通りの実習を行います。全音符対全音符で実施する「第一類:1対1」、全音符対二分音符で実施する「第二類:1対2」、全音符対四分音符で実施する「第三類:1対4、全音符対全音符をシンコペーションで実施する「第四類:移勢」、今までの要素を混合させて実施する「第五類:華麗」、の五通りです。この様な学習を二声から始め、三声、四声と、声部を増やしていき、最終的には八声まで実施します。なお、声部が増えるにつれ禁則も緩やかになっていきます。

次に挙げるのは、実施例の詰め合わせです。なお、定旋律は必ずしもバスというわけではありません。

【譜例3 各類の実施例】
cantus_firmus

実施例をみると、対位法の学習とは、音と音が縦横無尽に動き回る技術を身に付けるものではなく、音と音との間に良好な響きを求めるものだということが分かると思います。バッハの縦横無尽な対位法は、その結果の一つと言えるでしょう。

では、これらの実施を作曲に活かしてみましょう。例えば、前述した「1対自然数」の考え方を小節ごとではなく、自分で設定した和音の中で好きに配置していく方法が考えられます。例えば、四分音符対八分音符、八分音符対十六分音符などです。

[目次へ]

対位法的書法の楽曲

対位法でルネサンス風の木管三重奏を書きました。読譜しやすい様にクラリネットは実音表記です。作曲手順ですが、まずドリア旋法によるメロディーを作ります。次にそれを定旋律としてバス音を追加します。そして最後に内声を書いて完成です。なおリハーサルナンバー「C」の8度のカノンだけは、Fl.、Cl.、Bn.と上から順番に書いています。

【譜例4 作曲例:木管三重奏】
木管三重奏

対位法を優先して作ると、和声感が弱くなることに気が付きます。その結果、古楽や民族的な響きが得られると思います。その様な雰囲気を求めた曲、例えば劇伴ではそのまま使えそうです。なお、作曲は課題ではないので、学習上のルールを踏まえた上で自由に書けば良いです。例えば、外声の連続8度は不可だが、間接8度は許可するなど、自分で規範の線引きをを行います。

[目次へ]

対位法と和声法の両立

では、バッハのように対位法と和声法の両立を考えて、2声のインヴェンションを作曲してみました。もちろんバッハの《インヴェンション第1番》を意識したものです。このインヴェンションと先の木管三重奏との決定的な違いは、トニックやドミナントなどの機能を重視した和音進行と転調の存在です。つまり和声を強く意識しているということです。楽譜下部に和音記号を振ってみました。T-S-Dという機能和声が重視されているのが分かると思います。こうしてみると、和声の外声(Sop.Bas.)だけで作曲しているのに近い状態かも知れません。

【譜例5 作曲例:インヴェンション】
譜例5 作曲例:インヴェンション

歴史的にみれば、対位法が発達して和声法へと発展しました。ということは、対位法と和声法は対立するものではなく、対位法の多くの部分が和声法に内包されています。ここで冒頭で提示した問題、「和声と対位法の違いは何か」に立ち戻ると、その答えは「和声と対位法は連続した一続きの技法であり、相対的な程度の差である」と結論づけられるでしょう。その持続を切断することで、学習用としての対位法、そして和声法になる、と考えています。

[目次へ]

対位法のテキスト

対位法のテキストは楽器屋や楽譜専門店で比較的簡単に入手ができます。しかし、著者によって規則が異なる場合が多々あります。対位法のテキストは、和声法のテキストと比較すると数は少なく、本屋で入手できる物も限られています。ここでは対位法のテキストを私の知っている限りですが紹介します。なお、フーガに関する書籍は学習フーガについてで紹介しています。対位法は、四声まで学習しなくても、二声を学ぶだけでも作曲で活躍するでしょう。

重版のもの

  • イェッペセン(2013)『対位法 パレストリーナ様式の歴史と実習』柴田南雄・皆川達夫訳、音楽之友社
  • 柏木俊夫(2013)『改定増補 二声対位法 基礎からフーガまで 付 装飾法と通奏低音』東京コレギウム
  • ギャロン,ノエル・ビッチュ,マルセル(1965)『対位法』矢代秋雄訳、音楽之友社
  • ケルビーニ(2013)『対位法とフーガ講座』小鍛冶邦隆訳、アルテスパブリッシング
  • 小鍛冶邦隆・林達也・山口博史(2013)『バッハ様式に夜コラール技法 課題集と60の判例付き』音楽之友社
  • 長谷川良夫(1955)『対位法』音楽之友社
  • ピストン,ウォルター(2009)『対位法 分析と実習』角倉一朗訳、音楽之友社
  • ブラッハー,ボリス(1988)『作曲と演奏のための対位法』田中邦彦訳、シンフォニア
  • 柳田孝義(2012)『名曲から学ぶ対位法 書法から作編曲まで』音楽之友社
  • 山口博史(2012)『厳格対位法 第2販 パリ音楽院の方式による』音楽之友社

絶版のもの

  • 池内友次郎(1950)『対位法』音楽之友社
  • 池内友次郎(1965)『二声対位法』音楽之友社
  • 池内友次郎(1975)『三声——八声対位法』音楽之友社
  • 石黒脩三(1969)『改訂版 解説と課題 対位法』全音楽譜出版社
  • 石田純雄(1998)『対位法 基礎と実習』オブラ・パブリケーション
  • ケックラン,Ch(1968)『対位法』清水脩訳、音楽之友社
  • シェーンベルク,アルノルト(1978)『対位法入門』山縣茂太郎・嶋原真一訳、音楽之友社
  • セアール,ハンフレー(1959)『20世紀の対位法』水野久一郎訳、音楽之友社
  • テホン,ホセ・I(1998)『パレストリーナ様式による対位法 改訂版』皆川達夫訳、音楽之友社
  • デュプレ,マルセル(1957)『対位法とフューグ』池内友次郎訳、東京教育出版
  • デ・ラ・モッテ,ディーター(1989)『大作曲家の対位法』シンフォニア
  • ニコローシ,サルヴァトーレ(1998)『古典純粋対位法 16世紀の実作に学ぶ』音楽之友社
  • ヒンデミット,パウル(1958)『二声部楽曲の練習書』下総皖一・志賀静男訳、音楽之友社
  • フックス(1950)『古典対位法』坂本良隆訳、音楽之友社
  • 南弘明(1998)『十二音による対位法』音楽之友社
  • 諸井三郎(1955)『純粋対位法』音楽之友社
  • 諸井誠、岩間稔(1972)『総合音楽講座6 2声の対位法とカノン』ヤマハ音楽振興会
  • 吉崎清富(1989)『対位法の泉 実習と理論史』音楽之友社

洋書のもの

  • Dubois, Theodor. Traite de Contrepoint et de Fugue. Paris, Heugel.
  • Salzer, Felix. and Schachter, Carl. Counterpoint in Composition. New York, Columbia, 1989.

[目次へ]

参考資料

[目次へ]

[コラム一覧へ]