作曲・指導・C言語・Linux

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。


204)作詞奮闘記(4)

かなり苦戦した。作詞と作曲で丸3日(ほぼ4日)もかかってしまった上に、もっと練れたのではないか、と感じている。

今回のテーマは、美しい風景や興味のある情報も実際に確かめてみると、実は違うかもよ、というものだ。たとえば、写真は世界を都合よくフレーミングするが、そのフレームの外側には都合の悪いものが写っているかもしれないし、別の角度から見ると全く違うものに見えるかもしれない。それを知るには、やはり自分の目で調べる他ない。

しかし、テーマに対して力不足だった。ぼくの詞だと、写真でみる景色よりも現実の景色の方がいいよ、程度に捉えられるかもしれない。そして、詞が迷走してしまった結果、不本意な通作歌曲形式になりかけたが、どうにか三部形式に修正できた。今回の経験を次に活かしたい。

《眼差す写真の向こう》

あなたが見せてくれた
その素敵な写真は

こんな世界があるのだと
私におしえてくれた

そんな場所を求めて
旅にでたが
それは見つからなかった

わたしが見つけたのは
枠のない景色だった

こんな世界があるのだと
心に刻み込んで

すすむよ

これまでの曲もそうだが、自分が歌うことを想定しているので、音域が狭めに設定してある。でも、作曲する上でしんどいので、もう少し音域を広げてもいいかもしれない。ちなみに、坂田晃一や小林亜星のような曲を目指しているつもりだ。あと、このシリーズの曲が10曲程度たまったら、オケをつけてCDにしたいと思ってる。

2022-02-16