作曲・指導・C言語・Linux

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。


201)作詞奮闘記(3)

“詩”にメロディーがついたら“詞”になるのかと思っていたが、制作段階決まるようだ。前提が、文字として読むことなら“詩”、音楽として聞くことなら“詞”である。つまり、僕が書いているものは“詞”ということになる。ゲーテの「魔王」やミュラーの「冬の旅」は、曲が付くこと前提ではないので、シューベルトが曲をつけたとしても“詞”ではなく、“詩”のままなのだろうか(ちなみに、楳図かずおは“詩”ではなく“詩”を好んで使っている)。

さて、2つ目の詞を書いた。人生を海、指針となる思想や技術といった「強み」を灯台に見立てた。人生において困難に遭遇したとしても「強み」があれば乗り切れる。だが、その「強み」は自分で作り上げなければならない。

しかし、短い詞にメロディーをつけるのは難しい。可能な限り単調にならないよう、また難しくなりすぎないメロディーを意識した。だが結局、断片的な思いつきを突っ込んでしまう。

《静止した風景》

水平線 かなた 灯りがみえる
迷わないための みちしるべに
海をさまよう

海岸線 はるか 灯りをともす
休みたいときの しおりとして
海にただよう

わたしたち

2022-01-27