作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。


187)衆院選に悩む

今回の選挙は、日本の未来を決める大きな分岐点だと思っている。すでに期日前投票率がかなり高いと聞いているので、いつになく期待してしまう。

今日、石川1区(金沢市)の期日前投票に行くつもりだが、どうするか未だに悩んでいる。候補者は次の4人、立憲の荒井淳史(27)、維新のこばやし誠(44)、共産の亀田良典(72)、そして自民の小林卓郎(51)である。まず、自民と維新はありえないので除外する。すると立憲と共産が残る。立憲は野党の自民だと思ってるし、共産には何も期待していない。

立憲の荒井さんは、27歳とお若いので少しだけ期待していた。しかし、若い世代の気持ちを代弁する、という以前に、荒井さん個人の考えが全く見えてこない。そして、倫理法人会に所属していることは、ネオリベ支持と同義だと思っているので大きなマイナスだ。共産の亀田さんは、ブログを読んだ限り人は良さそうだが、こちらもやはり思想、というよりもどんな人なのか全く見えてこない。ブログではなく、簡単でいいので個人サイトを持って欲しかった。

ところで、荒井さんの公式サイトの政策をみると、「あらい淳志の6つの柱 SEVEN」と書かれている。idやサブタイトルは「SEVEN」なのに、柱は6つなので1本減ったのだろうか。また、選挙ドットコムのブログを見ると、「あらい淳志政策5本柱 その④~地方の可能性を生かす地方政策~地域のことは地域で決める新しい地方...」と、さらに柱が6本から5本に減っている。そして極めつけは、記事が4本目で止まっていることだ。もっと言えば、そこに埋め込まれた動画が再生できなかった。

2021-10-26