作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。


[前]〈記事一覧〉[次]

109)違和感のある表現

人文系の本を読んでいると、「すべてに通奏低音として共通する」あるいは「通奏低音のように」という表現を見かけることがある。おそらく「すべてに通底する」のオルタナティブな表現だろうが、どうもしっくりとこない。確かに、通奏低音と通底の語感は似ているし、通奏低音を略すならば通低だろう(聞いたことないが)。これに関して、ある想像が浮かぶ。それは、もしかして保続音のことをいいたかったのでないか、というものだ。

音楽評論家の文章だったと思うが、「まるでオルガンのペダルでならされる通奏低音のごとく」という文章を見たことがある。これは明らかに、通奏低音を保続音の意味で使っていることが分かる。この2つは混同されがちだが全く異なるものである。

通奏低音とは、低音部の楽譜に記された数字をもとに、即興的に和音を奏するものである。一般的にチェンバロやリュートなど、和音の出る楽器を使用する。一方、保続音とは、和音に関係なく、同じ音を鳴らし続けることである。保続音は主音か属音であることが多く、またバスが引き受けることが多い。

通奏低音は、クラシック音楽としては珍しく、奏する音が厳密に固定されていない、演奏者によって解釈が異なる動的なものである。国産のミニチュアスコアでは通奏低音が五線で具体的に記されているが、それは一例にしかすぎない。しかし、保続音は、作曲家によって音符が書かれた固定された静的ものであった。だとすれば、「通奏低音のように」という表現は、確実に固定されている感じがする「保続音のように」、という意味で使っていると考えるのが自然ではないだろうか。

真偽は定かでないが、五木寛之の『変奏曲』(1973)の中に、比喩表現としての通奏低音が表れると聞いたことがある。『変奏曲』は、本棚のどこかにあるはずだが探しても見つからなかった。もし見つかったから追記したい。しかし、「通奏低音のように」という表現に関して、図書館のレファレンスサービスで聞いてみても面白いかもしれない。

2020-03-08


[前]〈記事一覧〉[次]