作曲・浄書・指導・音響

金沢音楽制作

金沢音楽制作では、楽曲・楽譜の制作と、作曲や写譜などレッスンを行っています。


[前]〈記事一覧〉[次]

69)また『物質と記憶』が

ベルクソンの主著の一つ『物質と記憶』(1896)が講談社学術文庫からまた出版されるようだ。「また」というのは、これまでに7種もの日本語訳が出版されているからだ。そして、これだけ出版されるのは『物質と記憶』がそれだけ愛されていることの表れであろう。だが裏をかえせば、決定版が未だ存在しない、ということでもある。

とはいっても、『物質と記憶』は結局のところ訳書であるから、決定版の不在はどうも腑に落ちない。なぜなら、ベルクソンの文章は明晰かつかっこいい、という印象があるからだ。日本語訳がよほど難しいのか、それともこれまでの訳に何かしらの問題があったのだろうか。なにはともあれ、今回の発売を機に『物質と記憶』をじっくり読んでみようと思う。

『物質と記憶』の訳書一覧を作成した。国立国会図書館(NDL)の書誌情報をもとに出版年順に排列した。責任表示の著者名は自明なので割愛したが、「ベルグソン」と「ベルクソン」の2種類の表記があり、近年では「ベルクソン」が主流になっている。

『物質と記憶』の訳書一覧
タイトル 訳者 出版社 出版年
ベルグソン物質と記憶 高橋里美 星文館 1914
時間と自由意志 : 附・物質と記憶 北昤吉 新潮社 1925
ベルグソン全集2 : 物質と記憶 田島節夫 白水社 1965
物質と記憶 合田正人、松本力 筑摩書房 2007
新訳ベルクソン全集2 : 物質と記憶・身体と精神の関係についての試論 竹内信夫 白水社 2011
物質と記憶 熊野純彦 岩波書店 2015
心と身体・物質と記憶力 : 精神と身体の関係について 岡部聰夫 駿河台出版社 2016
物質と記憶 杉山直樹 講談社 2019

2019/05/10


[前]〈記事一覧〉[次]